“新KKコンビ”だ!日本ハム・清宮&輝星に栗山監督命名

 日本ハム春季キャンプ(現地時間3日=日本時間4日、米アリゾナ州・スコッツデール)日本ハムの1軍はキャンプ初の休日。栗山英樹監督(57)が、2年目の清宮幸太郎内野手(19)とドラフト1位・吉田輝を“新KKコンビ”として期待した。

 「楽しみにする、わくわくすることはいい。何とかのKKといわれるようになってほしいよね」

 “KK”といえば、PL学園高時代に一世を風靡(ふうび)した桑田氏、清原氏の通称。イニシャルが「K」の清宮と輝星も甲子園が生んだスター候補だ。指揮官はプロの世界で大きく羽ばたくことを期待している。

 この日の清宮は休日を利用して、球団OBのカブス・ダルビッシュ有投手(32)の自宅を訪問。右手首痛の影響で第1クールは打撃に一部制限がかかっていたが、4日(同5日)の第2クールから解除される。2軍の吉田輝も、16日の紅白戦(国頭)でアピールに成功すれば、1軍昇格の可能性もある。

 平成が終わり、新たな時代の幕開けとなる2019年。清宮&輝星の「新KKコンビ」が球界の主役となる。(中田愛沙美)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ