張本氏、森保JのV逸は気の緩み「気を引き締めてもらいたい」 アジア杯

 野球評論家の張本勲氏(78)が3日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。1日までアラブ首長国連邦(UAE)で行われたサッカーのアジア・カップで準優勝した日本代表について言及した。

 「悔し喝だ! 勝てると思ったじゃないの。もっと突っ込んでいかないと。なんであの守備を突破しないのか」

 日本は決勝で1-3でカタールに屈し、2大会ぶり5度目の優勝を逃した。自国開催する2022年ワールドカップ(W杯)に向け強化を図るカタールは初のアジア制覇を遂げた。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位の日本は同93位のカタールに前半に2失点。後半に南野(ザルツブルク)が1点を返したが、PKで追加点を許した。

 昨年のW杯ロシア大会後に就任した森保監督は12戦目で初黒星。日本は過去のアジア杯決勝で負けなしだったが、5度目で初めて敗れた。

 張本氏は「ちょっと気の緩みがあったんじゃないか。普通にやれば勝てるという気持ちがあったんじゃないの。気を引き締めてもらいたい」と苦言を呈していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ