大谷翔平選手、伝統の夕食会でスピーチ 全米野球記者協会

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(24)が26日、ニューヨークのホテルで開かれた全米野球記者協会ニューヨーク支部主催の夕食会に出席し、英語で「素晴らしい選手たちと同じステージに立てて光栄。温かく迎えてくれた球団、自分を信じてくれた皆さん、居心地よくしてくれたスタッフに感謝したい」とスピーチした。

 今年で96回目となる夕食会は大リーガーを招くのが恒例で、昨季の最優秀選手や米国野球殿堂入りの決まった元選手らが出席した。大谷選手がダークスーツ姿で約40人の来賓とともに登場すると、正装して集まった記者や一般参加者ら計約900人が立ち上がって盛大な拍手を送った。

 大谷選手は参列した両親にも感謝の言葉を述べた。スピーチのメモについて「次は紙を見なくていいようにしたい」と話し、笑いを誘った。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ