大谷翔平が米国到着 2月中旬から春季キャンプ

 米大リーグで投打の「二刀流」として活躍し、昨季のア・リーグ新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平が21日、ロサンゼルスに到着した。2カ月間の日本滞在を終え、メジャー2年目のシーズンに向かう。取材対応はなく、出迎えた車に通訳とともに乗り込んだ。

 チームのキャンプは、アリゾナ州テンピでバッテリー組が2月13日に、野手が加わった全体練習は同18日に始まる。大谷は昨年10月に右肘の靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたため、今季は打者として出場しながら、投手復帰に向けたリハビリを行う。

 昨季にプロ野球日本ハムからポスティングシステムを利用して移籍。投手では10試合に先発して4勝2敗、防御率3.31、打者では104試合に出て打率2割8分5厘、22本塁打、61打点、10盗塁をマークした。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ