今平、4位で19年好発進!「日本の賞金王だし、上位に行きたい」/米男子

 ソニーオープン・イン・ハワイ第1日(10日=日本時間11日、米ハワイ州ホノルル・ワイアラエCC=7044ヤード、パー70)昨季日本ツアー賞金王の今平周吾(26)=フリー=が7バーディー、2ボギーの5アンダー65をマークし、首位に4打差の4位と好発進した。松山英樹(26)=LEXUS=は1アンダー69で52位。9アンダー61のアダム・スベンソン(25)=カナダ=が首位に立った。日本勢は他に小平智(29)=Admiral=ら計7人が出場している。

 2日前に念願の海外メジャー「マスターズ」に特別招待されることが発表されたばかりの今平が、年明け初ラウンドから力を示した。

 「ショットは一日を通してすごく良かった。いいスタートが切れた」

 アウトから出て、2番で2打目を1メートルにつけて初バーディー。パー4の8番では残り136ヤードから8番アイアンで30センチにつけるスーパーショットで、3連続バーディーにつなげた。勢いに乗って、13番からも3連続バーディーだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ