広島・松田オーナー、猛ゲキ!小窪に「三塁空いている。レギュラーとれよ」

 広島・松田元オーナー(67)が4日、広島市内の球団事務所で仕事始めを迎え、小窪哲也(33)、堂林翔太両内野手(27)、岩本貴裕外野手(32)に奮起を促した。昨季限りで現役引退した新井貴浩氏(41)や国内フリーエージェント(FA)宣言で巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)の穴を全員で埋める。

 4連覇へ挑むための第一歩はハッパをかけることからだった。マツダスタジアムでのトレーニングを中断し、新年のあいさつにきたのは、はやプロ12年目の小窪。松田オーナーが、声をかけた。

 「三塁が空いている。レギュラーをとれよ」

 昨季限りで精神的支柱の新井氏が引退、中心選手の丸が巨人へFA移籍した。球団記録更新となるリーグ4連覇や、35年ぶりの日本一を目指す上での暗雲と周囲はとらえるが、中堅組の尻をたたく絶好機と位置づけた。

 「小窪はしっかりしている。大学、大学日本代表でも主将をしているし、ものが違う。菊池のサポートが必要になる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ