青学大・原監督「地力を発揮できて見せ場を作れた」意地の復路V/箱根駅伝

 第95回東京箱根間往復大学駅伝復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町109・6キロ)関東の22校とオープン参加の関東学生連合を加えた23チームが参加して行われ、往路で6位と出遅れた青学大は復路優勝を飾ったが総合2位に終わり、史上3校目の総合5連覇と大学駅伝3冠はならなかった。

 青学大の原晋監督は、「素直に悔しい。学生たちは精いっぱい、がんばってくれた。学生たちの努力している姿を目の当たりにしている。後悔はない」とスッキリした表情。「往路はマークされていた。それを吹き飛ばすぐらいの走りをしなくてはならなかった。4区を甘く見ていた」と反省の言葉を並べた。

 「復路は地力を発揮できて見せ場を作れた。あきらめない心。生きる力を箱根駅伝を通して学ばせている。負けると悔しい。プロセスを大切にし文武両道でやっていきたい」と巻き返しを誓っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ