往路Vの東洋大は3位 5年ぶり総合制覇ならず 8区で東海大に逆転許す/箱根駅伝

 第95回東京箱根間往復大学駅伝復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町109・6キロ)関東の22校とオープン参加の関東学生連合を加えた23チームが参加して行われ、2年連続7度目の往路優勝を果たした東洋大は3位に終わり、5年ぶりの総合制覇はならなかった。

 2位の東海大に1分14秒差をつけてスタートした東洋大は、山下りの6区(20・8キロ)で今西駿介(3年)が区間3位とまずまずの走りを見せ、東海大との差は1分8秒で7区(21・3キロ)の小笹椋主将(4年)につなげた。

 小笹も区間3位で続いた一方、2位の東海大との差は4秒に縮まった。8区(21・4キロ)の鈴木宗孝(1年)は東海大の小松陽平(3年)と並走を続けたが、15キロ過ぎでスパートをかけられ首位から陥落。22年ぶりの区間新記録をマークした小松に51秒差をつけられた。

 9区(23・1キロ)の中村拳梧(4年)は東海大との差を広げられ、青学大に8秒差まで詰められた。最終10区(23・0キロ)の大沢駿(2年)は序盤で青学大に抜かれ3位に転落。5年ぶりの総合優勝は遠かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ