東海が首位快走、最終走者へ 第95回箱根駅伝

 第95回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロで行われ、往路首位で5年ぶりの総合優勝を狙う東洋大など23チームが参加して復路をスタートした。

 8区で首位に立った東海は、9区でも湊谷春紀がトップを独走。最終・鶴見中継所では東洋に3分半以上の大差をつけ、最終ランナーにたすきをつないだ。2位の東洋、中村拳梧は青学の吉田圭太に鶴見中継所で僅差に迫られる苦しい展開。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ