小平6度目優勝 高木美2位 全日本スプリント

 スピードスケートの全日本スプリント選手権最終日は30日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、女子は小平奈緒(相沢病院)が150.315点で2大会連続6度目の総合優勝を果たした。高木美帆(日体大助手)が0.34点差で2位。

 小平は500メートルを37秒44で制し、2季前から続く無敗を36レースに伸ばした。1000メートルは2位で、高木美が国内最高記録を塗り替える1分14秒44でトップだった。

 男子は新浜立也(高崎健康福祉大)が138.735点で初の総合王者に輝いた。500メートルは34秒71で第1日に続き1位となった。1000メートルで連日の1位となった山田将矢(日大)が総合2位となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ