打倒青学!東海大、エース補欠登録で“手の内隠し”/箱根駅伝

 来年1月2、3日に行われる第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(往路107.5キロ、復路109.6キロ)に出場する23チームの区間エントリーが29日、発表され、東京都内で監督会議が開かれた。

 東海大は11月の全日本大学駅伝は2位で、青学大との優勝争いが期待される。黄金世代の一角の鬼塚翔太(3年)に1区を託し、同学年でともにエース格の関颯人と館沢亨次を補欠とした。胴上げに備えて9月から食事制限のダイエットを始め、86キロから69キロまで減量した両角速(もろずみ・はやし)監督(52)は「(青学大を)気にしても仕方ない。まずは往路に集中したい」と力を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ