球界幸せラッシュ!DeNA・梶谷が年下女性と結婚 今月婚姻届を提出

 DeNA・梶谷隆幸外野手(30)が、年下の女性と結婚したことが27日、分かった。12月中に東京都内で婚姻届を提出し、すでに新婚生活をスタートさせている。2014年に39盗塁で初タイトルを獲得した俊足外野手だが、今季は度重なるけがや、8月に受けた右肩のクリーニング手術などの影響で41試合の出場に終わった。人生の伴侶を得て、心身ともに万全な状態でプロ13年目の開幕を迎える。

 8月に30歳を迎えた梶谷が結婚を決意した。12月に入り、かねて交際していた年下の女性との婚姻届を東京都内の区役所に提出した。

 「結婚しました。家族ができるわけですから、奥さんのためにも頑張りたい」とサンケイスポーツの取材に思いを明かした。

 若手時代は外食中心で夏場の体重減に苦しんでいたが、最近は自宅で食事する回数も増えていた。背景にはパートナーの存在も大きかったようだ。すでに新婚生活をスタート。挙式や披露宴については未定だという。

 今年1月にチームメートの筒香が一般女性との結婚を発表。今月13日には楽天・松井が女優の石橋杏奈と結婚した。スポーツ界でもサッカーのロシアW杯で活躍した柴崎や槙野ら、続々とカップルが誕生する中、梶谷も結婚を決断した。

 今季は背中を痛めて開幕直前に離脱。4月下旬に1軍に合流すると勝負強い打撃をみせていたが、6月7日に腰痛で再び離脱。8月1日の巨人戦(横浜)では右手首付近に死球を受け、尺骨骨折で出場選手登録を抹消された。同月20日には慢性的な右肩痛を解消するためクリーニング手術を受けるなど、相次ぐけがで苦しみ抜いたシーズンだった。そんな辛い時期を支えてくれたのが愛妻だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ