元貴乃花親方、やはり出馬か!? 来年7月参院選「条件付き」に傾く 前妻・景子さんと対決も

 そんな花田氏に、各党があの手この手でアプローチを始めている。消滅した旧貴乃花部屋の関係者は「自民党をはじめ、野党の国民民主党、立憲民主党、自由党などが水面下で花田氏に近い関係者に接触、あるいは『うちの党にプッシュしてくれ』、『仲介をお願いしたい』と持ちかけている」と明かす。花田氏もこれを伝え聞いているが、今のところ静観の構えで腹を決めかねているという。

 「親方(花田氏)には『“客寄せパンダ”ならぬ“票寄せパンダ”にはなるな。ビジョンがないとダメだ』と言ってある」と強調するのは、前出の花田氏に近い関係者。一方で「親方から条件を提示して、合致する党があれば出馬してもいいと思う」とも。

 花田氏出馬の条件は、第1に子供への相撲普及活動に対する理解と協力。第2に、志半ばで終わった相撲協会改革に携われることだという。

 「日本相撲協会のみならず、あらゆる競技団体で暴力問題、パワハラ問題が噴出しているだけに、たとえば文部科学委員に入れてもらって、相撲協会の監督官庁でもある文科省に働きかけることが考えられる」

 一方で「条件が合わないなら、出馬自体を見合わせればいい。とにかく政治の世界に行くなら、明確なビジョンを持たないと。まあ、当選したらしたで、やはり相撲協会時代の立ち居振る舞いではダメ。組織に順応することも覚えないといけないだろう」ともクギを刺している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ