大谷、雄星との対戦見せたい!「僕が1年間頑張れれば対戦する機会ある」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)が18日、東京・日本橋三越本店で始まった「2018年報道写真展」のオープニングセレモニーに登場。テープカットをした後に取材に応じ、西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す菊池雄星投手(27)との同窓対決への思いを明かした。

 ともに岩手・花巻東高出身。大谷は「先生とかね、楽しみなんじゃないかなって。同世代で同じ高校でメジャーリーグで対戦はなかなかないかと思いますし、指導してもらった立場からすると、見せたいなというのは当然ある」と明かした。

 3学年先輩の菊池とは、日本で打者として過去に公式戦で2度対戦。ルーキーイヤーの2013年には2打席2三振を喫したが、17年の西武との開幕戦(札幌ドーム)では3打数2安打と、成長を見せつけた。

 「僕が1年間頑張れれば、対戦する機会もあると思う。まずはそこに戻れるようリハビリを頑張りたい」。現在は東京都内で、10月に手術を受けた右肘の可動域を広げるリハビリメニューや、有酸素運動などを行っている。年明けからはバットも振り始める予定で、本格的に復帰への階段を上がる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ