平幕貴ノ岩関が引退 付け人への暴力で責任

 付け人の弟弟子に暴行した平幕貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、千賀ノ浦部屋=が7日、日本相撲協会に現役引退を申し入れ、受け入れられた。

 協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、貴ノ岩は同日午後、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)とともに東京・両国国技館を訪れ、八角理事長(元横綱北勝海)や鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)に引退の意向を伝えた。八角理事長は複数回にわたって「いいのか」と確認したが、現役を退く意思は固かった。

 貴ノ岩は4日午後11時ごろ、巡業先の福岡県内の宿泊先で、付け人の弟弟子が忘れ物の言い訳をしたことに腹を立て、拳や平手で顔を4、5発殴った。貴ノ岩は5日に受けた協会の事情聴取で事実関係を認めて謝罪。6日には被害者の弟弟子も協会の事情聴取に対して同様の説明をしたとみられる。

 協会は貴ノ岩に対し、巡業を休場させた上で東京都内の千賀ノ浦部屋での謹慎を命じ、今月中に開催予定の理事会で処分を協議する予定だった。厳罰も予想されたが、貴ノ岩が自ら引退を選択。昨年の元横綱日馬富士による傷害事件で被害者だった貴ノ岩は、加害者に回って角界を去ることになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ