巨人、ドミニカ出身の2選手と育成選手契約

 巨人は7日、イスラエル・モタ選手(22)、レイミン・ラモス投手(22)と来季の育成選手契約を結ぶことで合意したと発表した。ともにドミニカ共和国出身で、来年1月下旬に来日する予定。

 モタは2013年から17年まで、ワシントン・ナショナルズ傘下のマイナーで外野手としてプレーし、通算188試合に出場。ラモスは15年から今季までタンパベイ・レイズ傘下のマイナーでリリーフとして通算65試合に登板。背番号はモタが「014」、ラモスが「025」。

 モタは球団を通じて「巨人軍と契約できたことを誇りに思います。自分の持ち味であるパワーを生かし、1軍で活躍することを目標にプレーします」とコメント。ラモスは「巨人軍と契約でき、すべての関係者と家族に感謝しています。常に全力でプレーし、一日も早く1軍で活躍したいと思います」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ