紀平、技術点でザギトワに大差!演技点は0・68点差に迫る/フィギュア

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル第1日(6日、バンクーバー)女子ショートプログラム(SP)で、デビューシーズンのGPシリーズで2連勝した紀平梨花(16)=関大KFSC=が、ルール改正後の世界最高得点となる82・51点をマークして首位に立った。平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が77・93点で2位、元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(21)=ロシア=が70・65点で3位、坂本花織(18)=シスメックス=が70・23点で4位、ソフィア・サモドゥロワ(16)=ロシア=が68・24点で5位、宮原知子(20)=関大=が67・52点で6位だった。

 紀平がシニア初の直接対決となった2位のザギトワを圧倒した。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。GPで2戦続けてSPでは不発だった大技に着氷し、出来栄え点(GOE)で2・51点の加点を引き出すと、続くフリップ-トーループの連続3回転、ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半の3回転ルッツも完璧に決め、技術点は47・36点。42・10点のザギトワに5・26点の大差をつけた。

 スピンやステップの美しさ、表現面もジャッジの高評価を得た。表現力を表わす演技点5項目の合計は35・15点。ザギトワの35・83点に0・68点差まで迫り、互角に渡り合った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ