羽生パレード経済効果18億 五輪2連覇、仙台で開催

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦選手(23)が66年ぶりの2連覇を達成し、地元の仙台市で開かれた祝賀パレードの経済効果は推計約18億5千万円だったと30日、実行委員会が発表した。

 パレードは4月22日に行われ、羽生選手の乗ったパレードカーが市中心部の大通り約1・1キロを約40分かけて進行。沿道には市民や全国のファンら約10万8千人(主催者発表)が駆け付けた。

 平成26年のソチ五輪で金メダルを獲得した後にも実施され、約9万2千人が集まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ