日露16歳対決!紀平、トリプルアクセルでザギトワ倒す/フィギュア

 【グルノーブル(フランス)25日(日本時間26日)】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦、フランス杯でGP2連勝した女子の紀平(きひら)梨花(16)=関大KFSC=がエキシビションに出演。シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6-8日、バンクーバー)で、2月の平昌五輪女王、アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=に勝つため、不発に終わった大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させることを誓った。

 自身の快進撃にも満足しない。16歳の紀平が約2週間後のGPファイナルに視線を向けた。

 「(自身の)代名詞になるくらい、しっかり跳んでいかないといけない」

 初出場の大舞台へ、新星がテーマに掲げたのは、武器とするトリプルアクセルの成功だ。今月上旬のNHK杯(広島)ではショートプログラム(SP)で失敗するも、フリーで決めて日本勢初のGP初出場優勝した。今大会は時差ぼけに苦しんだこともあり、大技の成功を逃した。女子では成功例の少ない技も「お気に入りとは言えないかも」と苦笑いするが、代名詞のトリプルアクセルの成否が、GPファイナル制覇の鍵を握る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ