大坂なおみがテニス教室 来季目標も「四大大会優勝」

 女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が24日、用具契約を結ぶヨネックスが東京都内で開催したテニス教室で講師を務めた。12歳以下の男女の選手約30人と順番にラリーをこなし、「こういう経験は初めてで楽しい。みんなすごく才能も特長もあるので、それぞれユニークさを出せる選手になってほしい」とエールを送った。

 コートサイドで練習を見守った大坂は、目についた選手を呼び止めては「ボレーの時はもっと膝を曲げて」「高いボールはしっかり手首を使って返して」などと助言。1対2でのラリーを全員とこなすと「気になった子がいる」と能力を高く評価した2選手との1対1を自ら提案。スピードを上げたボールを打ち込み、高いレベルのプレーを体感させた。

 「私の小さいころよりすごく上手。私は遅咲きで、しっかり練習を積んで上達した」としみじみ話した21歳。全米オープンで四大大会シングルスの日本勢初優勝を果たし、年間成績上位選手によるWTAファイナルにも初出場した今季を「ここ数カ月で人生が少し変わった」と振り返り、来季の目標については「もう1回、四大大会で優勝したい。テニスをより楽しんで、一つ一つのプレーに全力を尽くしたい」と力を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ