大谷の英語上達で水原通訳「必要なくなる」

 米大リーグで今季のア・リーグ新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平投手(24)が22日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見。米挑戦を表明した昨年11月の会見よりもさらに多い300人超の報道陣を前に、投打二刀流で本場のファンを魅了した1年を振り返った。

 日本ハム時代から仲良しの水原一平通訳(33)も会見を見守った。米挑戦の支えになった人について聞かれた大谷は、水原通訳の名前を挙げ、壇上から「ありがとうございました」と感謝を伝えた。同通訳は英語力の上達について「聞き取る方はすごいなと思っていますし、これからしゃべる方もどんどん上達して、通訳も必要なくなるんじゃないかと思います」と軽妙なやりとりで場を和ませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ