【会見詳報(6)】大谷「個人的には神話のなかの人物だろうなと思うくらい」

 --打者としての復帰先になると思うが、現時点で来季いつごろからバット振れるのか

 「1週間、2週間の単位でトレーナーの方も医師の方も含めたミーティングをして次のステップに進んでいこうというということになる。個人差もありますし、術後のリハビリの仕方によっても変わってくる。今の段階でいつごろというのは特定できないと思います」

 --きょうのネクタイは何か理由あって?

 「全くないです」

 --アメリカで自伝が発売されたが

 「分からないです」

 --どう思う

 「うれしいんじゃないかなと思います」

 --アメリカでプレーするなかでグラウンド外で過ごすことは少なかったと聞いたが、文化、米国で気に入った曲、1年間よく触れた音楽は

 「特にこれというのはないです。まあ結構ロッカールームで流れているのが同じ曲が多い。何という曲か分からないですが、比較的同じ音楽ばかり聴いていたかなと思います」

 --活躍の原動力は

 「野球始めたころからすごく野球好きでしたし、それは今になってもあまり変わることなくここまで来ている。小さい頃は週に二回くらいでしたが、次の週末になるのが楽しみでしょうがなかった。そういう気持ちは今でもあります。毎日球場に行くのも楽しかったし、グラウンドでプレーできるのも楽しかった。その延長線上かなと思います」

 --ベーブルースの話出る。ご自身はベーブルースはどのくらい意識していたか。

 「よく比較していただいてはいるんですが、個人的には神話のなかの人物だろうなと思うくらい、現実から離れている。なかなか自分で意識することはないなと思う。数字とかは記録で残っていると思うが、そこに対して意識することはない。1年1年の積み重ねのなかでそういう数字に近づくことあれば、そういこともあると思いますが、今の段階ではあまり考えられない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ