【会見詳報(6)】大谷「個人的には神話のなかの人物だろうなと思うくらい」

 米大リーグで今季のア・リーグの最優秀新人(新人王)に輝いたエンゼルスの大谷翔平(24)が22日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見した。以下は会見詳報。

 --この1年間終えて今季出た課題を具体的に教えてください。克服するために取り組みたいことは

 「来季は打者として主に出場すると思うので今季とはまず少し違うかなとは思う。チームが大事な時期に離脱してしまったところが一番だと思っているので。来季どのタイミングで実戦に入って試合に出られるか分からないが入った後は最後までチームの戦力になれるように、レベルアップも含めてチームと戦っていきたいなと思っています」

 --サイレントトリートメント

 「僕は全く分からなかったので、何が起きているか分からなかったのが第一印象で、やられた後はすごい自分のためにその時間を使ってくれてうれしかったというのが一つかな。これからもっともっとたくさん本塁打打ててそういうことがたくさんできればチームも上がっていくと思うので、来年以降もたくさん打てるように頑張りたいなと思います」

 --今季は何点?

 「あまり自分に点数はつけないのですが。まあ離脱してしまったという点を考えれば、あまりいい点数にはならないのかなと思います」

 --ファイターズの仲間からは連絡あった? 後輩から自分も行きたいという助言求められる

 「チームメートからは先輩後輩含めて頻繁に連絡来ていたので、とる機会はあったかなと思います。自分から何かあるということはなかったが、連絡はとれたかなと思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ