【会見詳報(3)】大谷「実際に行ってみたらすごくレベルも高かったです」

 米大リーグで今季のア・リーグの最優秀新人(新人王)に輝いたエンゼルスの大谷翔平(24)が22日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見した。以下は会見詳報。

 --新人王受賞の知らせを聞いて

 「率直にうれしかったというのもそうですし、中継でつながっていたので、リアルタイムで聞くことできたが、自分が受賞するかも誰が受賞するか分からない状態だったので、投票してくれた記者のみなさん、1年間応援してくれたファンの皆さんだったり感謝するところは沢山あるかなと思っていますが、同じリーグで1年間プレーして新人として素晴らしい成績残した選手たくさんいるが、自分が受賞してうれしいというのもありますし、それと同じくらいリスペクトじゃないですけど、選手に対して、その最終的な3人に選んでもらっただけでもうれしかったんですが、それくらいレベルの高い場所で1年間できてうれしかった」

 --祝福

 「色んな方からいただいて。ありがたいなと思って返信させていただきました」

 --差しつかえなければ内容は

 「差し支えあります」

 --会見から1年たって一番変わったということ。支えになった人や物は

 「自分で実際に実感するところは野球以外では実感するところないので正直分からない。お世話になったのは一平さんは通訳として1年間一緒にやってきましたし、同じフィールドの上でやってきたので、私生活も含めて本当にお世話になりました」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ