【会見詳報(2)】大谷「上にいけばいくほど人間的に素晴らしい選手多いなと感じます」

 --今のリハビリメニュー。次どのような段階に進んでいくのか。GMが2月のキャンプで打撃練習再開できるのではと言っているが

 「順調に来ている。今の現在のメニューとしてはランニングを含めた有酸素系のトレーニングと下半身のトレーニング、体幹のトレーニングもできますし、主には右腕使わないトレーニングに関してはほとんどできる状態。右腕も軽い負荷のかかった抵抗運動だったりはできる状態。継続的に行っているのは屈曲伸けんの運動。そこは継続的にやっていきたいなと思っています。実戦復帰に向けては1週間、2週間単位のリハビリの進行具合によって全然変わってくる。今は次のステップに順調に進めるようにやっていきたいと思っている」

 --(日本ハムOB岩本氏より)メジャーのステージはどんな場所なのか、野球少年少女にオススメを

 「ちょっと長いのであれなんですが。本当にレベル高いというのももちろん、国の違う選手がいっぱい集まってプレーしているということに関しても違ったおもしろさがあるんじゃないかと。

 テレビとかでは見ていましたが、実際グラウンドに立ってプレーしてみるともっともっと感じることが多いので、もっとテレビ越しではありますが、おもしろさ伝えられるように頑張るのが仕事かなと思っていますし、実際に立ってみるというのがおもしろさ感じるうえでは一番近いのではないか。

 今の子どもたちには同じ舞台でというか、僕もより高い舞台に行きたいと思っていますし、そこの舞台で野球をして楽しさを実感できればと思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ