松井氏、大谷新人王「彼がもらうべき賞」

 米大リーグ選抜の一塁ベースコーチを務める松井秀喜氏(44)=ヤンキースGM付特別補佐=が13日、エンゼルス・大谷の新人王受賞を祝福した。ヤンキースの新人王候補を破っての受賞のため「あまり大きな声では言えないが」と前置きしながら「日本人、一野球ファンとして大変うれしく思います。彼がもらうべき賞」とたたえた。

 自身はメジャー1年目の2003年に全163試合に出場して打率・287、16本塁打、106打点も、新人王には惜しくも届かなかった。大谷について、まず投手として「100マイル(約160キロ)出るピッチャーはそんなにたくさんいない。彼はそれが可能だというだけで素晴らしい」。野手としても「長打力が一番の魅力。少ない打席数の中でたくさんの本塁打を打ったということで、投打とも特別な能力を持った選手だと思っています」と賛辞を惜しまなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ