大谷、“二刀流票”で圧勝ア・リーグ新人王!イチローが祝福メッセージ

 【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)12日(日本時間13日)】米大リーグ、エンゼルスで投打二刀流に挑んだ大谷翔平投手(24)が、全米野球記者協会会員による投票で今季のア・リーグの新人王に選出された。30人中25人の1位票を集めて2位以下の選手を圧倒した。日本選手では1995年の野茂英雄、2000年の佐々木主浩、01年のイチロー以来、17年ぶり4人目の快挙。選手復帰に向けて、日本で自主トレ中のイチローは祝福のメッセージを寄せた。

 強烈で大きなインパクトを与えた。投打の“二刀流票”を得た大谷が、2位を大きく引き離す完勝で日本選手では01年のイチロー以来、17年ぶりに新人王を受賞した。

 「(米国に)きてよかった。(右肘を)けがをしたことは、本当によくなかったですし、悔しい思いはある。そういう中でこういう賞をもらったことは光栄なこと」

 全米野球記者協会から選ばれた30人の記者投票による選出。1~3位までを選ぶ中で、大谷は25人から1位票を集めた。2位のヤンキース、ミゲル・アンドゥハー内野手(23)は5票。打率・297、27本塁打、92打点の好成績で最大のライバルとみられていたが、“野球の神様”ベーブ・ルース以来、約100年ぶりに投打の両方をこなし、全米に鮮烈な印象を与え続けた大谷への評価が上回った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ