札幌大谷が初出場初優勝 明治神宮野球大会高校の部

 第49回明治神宮野球大会は13日、高校の部の決勝が行われ、札幌大谷(北海道)が星稜(北信越)を2-1で下し、初出場初優勝を果たした。北海道勢の優勝は2005年36回大会の現ヤンキース、田中将大投手を擁した駒大苫小牧以来、13年ぶりとなる。

 北海道地区には来春の選抜大会の「神宮大会枠」が与えられ、同地区の枠は1から2へ増える。

 札幌大谷は1点を追う七回2死二、三塁から北本の中前2点時打で逆転した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ