阪神D1・近本、5打数1安打 大阪ガスは延長十三回タイブレークで敗退

 社会人野球の日本選手権2回戦が8日、京セラドーム大阪で行われ、7月の都市対抗野球大会を制した大阪ガスはホンダ鈴鹿(三重)と対戦し、延長十三回タイブレークのすえに1-3で敗れた。

 阪神からドラフト1位で指名された近本光司外野手(23)は「5番・中堅」で出場。1-0の四回に俊足を生かして投前バント安打を記録した。その後は投手戦が展開され、1-1から2点を勝ち越された直後の十三回一死一、二塁で5打席目が巡ってきたが左飛に倒れた。この試合は5打数1安打だった。

 勝利したホンダ鈴鹿は10日の準々決勝で三菱重工名古屋(愛知)と対戦する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ