亀田興毅氏、自分を実験台にした筋トレ効果を和毅に伝授

 ボクシングの亀田3兄弟の長男で、元世界3階級王者の亀田興毅氏(31)が1日、威勢のいい“亀田節”で三男・和毅(27)の世界2階級制覇に太鼓判を押した。

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級暫定王座決定戦(12日、東京・後楽園ホール)を控える和毅が3カ月間取り組んできた筋力トレーニングの効果について、事前に自らが実験台となって実証したと強調。「水分量のしっかりある、みずみずしい筋肉がつく。1回やったから分かる」と力を込めた。

 同級1位のアビゲイル・メディナ(スペイン)と対戦する和毅は課題のパワー増強のため、7月末からフィジカルトレーナーの多田久剛(ひさよし)氏(50)に師事。プロ野球・日本ハムでダルビッシュ有や新庄剛志らも指導した多田氏の下で週2回、重りで負荷をかけた上でのスクワットなどの筋力トレーニングに励んできた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ