大谷は「能力を発揮した」 野球教室で松井秀喜氏

 米大リーグ、ヤンキースやプロ野球巨人などで活躍した松井秀喜氏(44)が20日、ニュージャージー州フォートリーで10歳前後の子どもたち約40人を相手に野球教室を開いた際、投打の「二刀流」に挑んだエンゼルスの大谷翔平のメジャー1年目に「能力を遺憾なく発揮したんじゃないかと思う」と感想を述べた。

 22本塁打で自身の1年目を6本上回った打撃には「一番感じるのは逆方向に飛距離が出るということ。今の野球では重要」と特長を語った。

 今春のキャンプで巨人の臨時コーチとして指導した岡本和真のシーズンでの飛躍については「驚き。3割、30本、100打点をクリアするというのは申し訳ないけど、キャンプでは想像できなかった」と言う。今季限りで辞任した高橋由伸監督に対しては「次の世代(を育てる)という意味では素晴らしい仕事をしたと思う」とねぎらった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ