女子形の清水希容らが決勝へ 空手プレミアL最終戦

 世界各地を転戦する空手の賞金大会、プレミアリーグの今季最終戦となる東京大会が12日、東京武道館で開幕し、女子形でジャカルタ・アジア大会覇者の清水希容(きよう)(ミキハウス)が初戦の2回戦から準決勝までの4試合を勝ち、決勝に進んだ。

 組手では女子で50キロ級の宮原美穂(帝京大)と55キロ級の中村しおり(エス・ピー・ネットワーク)、男子で67キロ級の篠原浩人(マルホウ)と75キロ級の森優太が決勝に勝ち上がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ