日本、新戦力の南野弾などでパナマに3発快勝! 若手との融合図った一戦で白星

 キリンチャレンジ杯(12日、日本3-0パナマ、デンカ)森保一監督(50)率いる日本代表(FIFAランキング54位)がパナマ代表(同70位)と対戦。日本はMF南野拓実(23)=ザルツブルク=とMF伊東純也(25)=柏=の2戦連続弾、FW川又堅碁(28)=磐田=がダメ押しとなるオウンゴールを呼び込み勝利。ロシアW杯主力組との融合を図った一戦で見事白星を挙げた。

 日本は前線からプレスをかけボールを保持するも、組み立てがうまくいかずゴールへ迫れない。14分、MF伊東が後方で味方が引っかけたボールに反応し快足を飛ばしたが、敵DFの守備に遭った。

 なかなかリズムがつくれなかった日本だが23分に絶好機を迎える。敵陣中央付近でボールを受けたMF青山が右サイドDFの裏へ浮き球のスルーパスを出すとこれに後方から走りこんでいたDF室谷が追いつく。室谷は落ち着いてゴール前へ低いクロスを入れたがこれは味方に合わず。得点にはならなかったがひとついい形をつくった。

 このまま両者無得点で前半を終えるかと思われた42分、日本が試合を動かす。青山が敵陣中央付近で相手のパスをインターセプトするとペナルティーエリア前で待つMF南野へパス。南野はDFを背負いながら強引に前を向くと左足でゴールへ蹴りこんだ。日本は1点のリードを奪って前半を終えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ