巨人・岡本、初の舞台「集中していきたい」 

 リーグ戦最終戦でCSへの切符をつかんだ3位の巨人は、川崎市のジャイアンツ球場で全体練習に臨み、打撃練習などで調整した。今季限りで退任が決まっている高橋監督は「勝つことが全て。とにかく勝てるように頑張りたい」と2年ぶりのCSへ闘志を燃やした。

 22歳の若さで「打率3割、30本塁打、100打点」をマークした4番の岡本が攻撃のカギを握る。この日のフリー打撃では中堅奥にある電光掲示板に打球を当て、パネルを破損させた。指揮官も「目撃したのは初めて」という飛距離で、好調ぶりをアピールした。

 岡本にとってCSは初めての舞台。状態の良さは自覚しているようで、「振れているのはある。ただ試合は別なので、集中していきたい」と意気込んだ。(浜田慎太郎)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ