羽生結弦が平昌五輪後復帰戦でSP首位 フィギュアのオータム・カップ 樋口新葉は5位

 フィギュアスケートのオータム・クラシック第2日は21日、カナダのオークビルで行われ、男子ショートプログラム(SP)で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が97.74点をマークし、2月の平昌五輪以来となる右足首故障からの復帰戦で首位発進した。

 羽生はサルコー、トーループの2種類の4回転ジャンプを決めたが、スピンでミスがあった。車俊煥(韓国)が90.56点で2位、ジェーソン・ブラウン(米国)が88.90点で3位。 女子はSP4位の樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)がフリー5位の109.47点にとどまり、合計167.01点で5位、SP2位のブレイディ・テネル(米国)が合計206.41点で優勝した。SP1位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は合計204.89点で2位、松田悠良(中京大)は9位。(共同)

 ■羽生結弦の話「(スピンでミスが出た)自分の演技には失望している。久しぶりに試合で跳ぶ集中の仕方とか、ある意味での怖さを味わいながら滑っていた。ジャンプは及第点を超えたのかなと思う」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ