大谷翔平20号、松井秀樹以来2人目 新人王争いでもアピール

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が15日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムで行われたマリナーズ戦で一回にソロ本塁打を放ち、日本勢では松井秀喜(元ヤンキースなど)以来2人目の20号に到達した。自身のメジャー1年目の日本選手最多本塁打記録を更新し、新人王争いでもアピールした。

 松井は20本塁打以上を5度マークし、2004年の31本塁打は日本選手最多記録。大谷の自己最多はプロ野球日本ハム時代の16年の22本塁打。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ