野中、日本新も予選敗退 世界選手権 クライミング

 スポーツクライミングの世界選手権第7日は13日、インスブルックで女子スピードの予選が行われ、野中生萌(TEAM au)は9秒06の日本記録をマークしたが、上位16人による決勝トーナメントには進めなかった。野口啓代(TEAM au)は10秒55、小武芽生(エスエスケイフーズ)は12秒05で予選敗退した。

 男子リード予選には楢崎智亜(TEAM au)らが登場。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ