本田、ぶっつけ豪デビューも カンボジア“監督”との二刀流早くも試練

 【プノンペン11日=一色伸裕】カンボジア代表の実質的な監督を務める元日本代表MF本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー=が、選手兼監督として新たな困難に直面することが分かった。

 来月16日に再びカンボジア代表の国際親善試合(対シンガポール、ホーム)があり、その後、新天地となる豪州Aリーグの開幕戦(対メルボルン・シティー)が同20日。カンボジアからの移動を考慮すると、中1日でのぶっつけとなる可能性もある。さらに、11月には同代表が参加する国際大会とリーグ戦の強行日程が待ち受け、約6900キロ離れたクラブとカンボジア協会との“綱引き合戦”が展開されそうだ。

 1-3で逆転負けした10日のマレーシア戦後には「私が言ったことの90%を実践した。満足している。ぜひ選手たちを支えたい」とカンボジア愛を強調した本田。メルボルンVのためにクラブを優先させるのか、それともカンボジア監督の立場を貫くのか。決断に注目が集まりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ