部員11人、2人はボート部の西和賀が大金星 「大谷2世」擁する大船渡破る 岩手

 14日に岩手県営球場で行われた第100回全国高校野球選手権岩手大会の3回戦で、ボート部からの助っ人2人を含む部員11人の西和賀が、「大谷翔平2世」とプロ球界から注目されている佐々木朗希(ろうき)投手(2年)を擁する大船渡を破る波乱があった。

 大船渡は先発の佐藤健一郎投手(3年)が六回まで西和賀打線を無安打に抑え、2-0とリードしていたが、七回につかまり、一挙3点を失い逆転負けした。佐々木投手は1番中堅で先発したが、登板することはなかった。

 佐々木投手は10日の初戦で自己最速の154キロをマークし、11三振を奪っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ