ヤクルト・村上、最強世代の4番打!清宮、安田とドラ1クリーンアップ F球宴

 フレッシュオールスターゲーム(12日、ウエスタン選抜3-1イースタン選抜、弘前)ヤクルトのドラフト1位・村上宗隆内野手(18)=九州学院高=はイースタン・リーグ選抜の「4番・三塁」で先発し、3打数1安打1盗塁と結果を残した。

 「初球からいくのが自分の持ち味。積極的にいこうと思っていた」

 二回だ。塹江(広島)の初球、153キロの直球を中前にガツン。チーム初安打を記録すると、すかさず二盗を決めた。イースタン・リーグでは最多の78安打。1メートル88、97キロの巨体ながら13盗塁はこちらも最多で、存分に持ち味を発揮した。

 1軍出場はないが、2軍で打率・287、10本塁打の力を買われて4番を任され、同じ高卒ドラ1の清宮(日本ハム)、安田(ロッテ)とクリーンアップを組んだ。将来の大砲候補と共闘し、「話もできた。すごくいい経験になった」とうなずいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ