シャンゼリゼ通りに人波 決勝進出祝うパリ ロシアW杯

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で10日夜、フランス代表がベルギー代表を破り決勝進出を決めると、パリ最大の繁華街、シャンゼリゼ通りには市民ら多数が繰り出し、深夜まで歓声を上げ続けた。

 国旗を手に代表ユニホームなどを着た市民が続々と押し寄せ、「決勝進出おめでとう」「必ず優勝するぞ」と叫びながら抱き合ったり踊ったりして喜びを分かち合った。

 試合が行われたサンクトペテルブルクの競技場で観戦したマクロン・フランス大統領はツイッターで「日曜にトロフィーを取り戻そう」とつぶやき、勝利をたたえた。

 多くの市民は「ブラボー」「最強チームだ」と熱狂的だったが、フランス代表は2006年のW杯ドイツ大会や、16年に自国で開催した欧州選手権では決勝で敗北しており、「次が大事」「油断はできない」と冷静に受け止めるサポーターも多かった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ