「反則大国」として名を残した韓国 ドイツに歴史的勝利も

ドイツに勝って名を残した韓国だが、反則数も記録的だった(AP)

ドイツに勝って名を残した韓国だが、反則数も記録的だった(AP)

 サッカーW杯で前回王者のドイツを相手に歴史的勝利を挙げた韓国だが、「反則大国」としても不名誉な歴史を刻んでしまった。現時点で、韓国のイエローカード数、ファウル数は出場32チーム中最多となっている。反則の目立つ韓国に対しては批判の声も上がっていたが、最後まで改められることはなかった。

 《太極戦士、世界最強ドイツに完勝》

 《私たちはあなたたちが誇らしい》

 ドイツ戦終了後、韓国メディアのサイトには、韓国の勝利に狂喜乱舞する見出しが並んだ。決勝トーナメント出場こそならなかったが、前回大会で優勝し、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング1位のドイツに2-0で勝利したのだから、無理はない。

 だが、フェアプレー精神が尊ばれるなかで、韓国サッカーは極めて異質だ。ドイツ戦でのファウル数は16に上り、4枚のイエローカードを乱発したのだ。ドイツのファウル数7、イエローカード0と比べると、悪質性は際立っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ