巨人・今村、粘投も七回途中6安打4失点で今季初黒星

 巨人・今村信貴投手(24)が13日、ソフトバンク2回戦(ヤフオクドーム)に先発。6回1/3で99球を投げ、6安打4失点で降板した。

 「悪くはなかったですけど、市川さんのホームランは完璧にとらえられたので反省しないといけない。4番、5番を抑えられた分、2本(の本塁打)が効いた」

 二回二死から、塚田に左越えソロを被弾。四回に味方が逆転し、迎えた五回裏。一死から上林に中前打を浴び、かつて巨人に在籍していた元同僚の8番・市川に左越え2ランを浴びた。

 だが、その後は粘りの投球を披露。両サイドを丁寧に突く投球で6三振を奪った。だが、七回に暴投などで一死三塁とされ、上林がスクイズを敢行。これが投手内野安打となって1点を失い、マウンドを降りた。チームはそのまま2-4で敗戦。今村は今季初黒星を喫した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ