横峯さくら 成績不振が続き「家族崩壊」状態、良郎氏も苦言

 「2015年オフには父親の跡を引き継いで専属キャディを務め、“さくらの頭脳”といわれたジョン・ベネット氏との契約を解除。7年間で10勝以上あげたコンビを解消してしまいました。翌年からはハウスキャディを使ったり、夫の森川氏がバッグを担いだりするようになった。メンタルトレーナーの森川氏は競技ゴルフの経験はなく、コース攻略の助言ができているのかはわからない。母親が紹介した栄養士も辞めさせ、現地ではファストフードなど外食が多くなっていたとも聞く。その間に日本にいる家族とは疎遠になっていった」

 昨オフの米ツアーファイナルQTでは45位となり、辛うじて一部の試合の出場権を得たが、この試合では“元相棒”のベネット氏を日本から呼び寄せている。

 「今年に入っても、開幕2戦目ではベネット氏に担いでもらい、3位に入った。ところが、その後はまた森川氏がキャディを務めるなど、迷走状態にある。

 家族との溝も深くなる一方。昨年の開幕前までは、良郎氏が自身のアカデミーの出身プロを引き連れ、さくら夫婦と一緒にフロリダでトレーニングをするなど、まだ関係が残っていたが、昨夏頃から完全に“絶縁状態”に陥った。さくらは帰国しても実家に立ち寄らず、あれだけ仲が良かった母や姉にさえ、連絡しないのです」(同前)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ