西野朗氏が日本代表監督に就任で“マイアミの奇跡”再び!日本協会、ハリル監督解任で決断

 日本サッカー協会は9日、東京都内で記者会見を行い、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)を解任したと発表した。後任には西野朗技術委員長(63)が就任。6月14日開幕のW杯ロシア大会開幕までの約2カ月間でのチーム再建を託された。W杯直前での監督交代は日本代表史上初。J1の柏、G大阪、名古屋、神戸などで監督などを歴任し、1996年アトランタ五輪では予選で金メダル候補のブラジルを破り、「マイアミの奇跡」を起こした名将が非常事態の日本を救う。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)はこの日の緊急会見で、冒頭「4月7日付でバヒド・ハリルホジッチ監督を解任しました」と発表。「ハリル監督には前任のアギーレ監督のあと、短い期間でW杯出場を実行してくれました。サッカーに大切な『デュエル』という言葉は彼が植え付けてくれました」と感謝の言葉を述べた。

 続けて「しかしながら、W杯の出場権のあと、様々な試合を行ったあと、一昨日の契約解除となりました。試合を勝った負けたで更迭をしている訳ではありません。選手や様々な方の意見で代える訳ではありません。マリ戦、ウクライナ戦の後の期間で、選手とのコミュニケーション、信頼関係が薄れてきました。総合的に判断してこの結論に達しました」と説明した。後任に関しては「内部でこのチームを見てきた方、西野朗氏を監督として選びました」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ