小平奈緒、五輪新で日本女子スピード陣史上初の金メダル!3連覇狙った李相花は銀

女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒=江陵オーバル(撮影・松永渉平)

女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒=江陵オーバル(撮影・松永渉平)

 平昌五輪第10日(18日、江陵オーバル)スピードスケート女子500メートルで、小平奈緒(31)=相沢病院=が36秒94の五輪新記録で、日本女子スピード陣で史上初の金メダルを獲得した。

ゴールしガッツポーズの小平奈緒=江陵オーバル(撮影・松永渉平)

ゴールしガッツポーズの小平奈緒=江陵オーバル(撮影・松永渉平)

 日本勢としては1998年長野五輪男子500メートルの清水宏保以来の快挙。小平は2010年バンクーバー五輪団体追い抜きの銀、今大会1000メートルの銀に続く、自身3個目のメダルを手にした。3連覇を狙った世界記録保持者の李相花(28)=韓国=が37秒33で銀メダル、郷亜里砂(30)=イヨテツク=は37秒67で8位、神谷衣理那(26)=高堂建設=は38秒255で13位だった。

スピードスケート女子500m 滑走する小平奈緒=18日、韓国・江陵オーバル(納冨康撮影)

スピードスケート女子500m 滑走する小平奈緒=18日、韓国・江陵オーバル(納冨康撮影)

 表彰台に咲き乱れる花の中で、一番の輝きを見せた。国内外で24連勝中だった500メートルに臨んだ小平。日本選手団の主将として、その肩書に恥じない圧巻の滑りで金メダルへ駆け抜けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ