小平『銀』!金お預けも歴史的「2・14」日本史上最多の1日4メダル スピード

 平昌五輪第6日(14日、江陵オーバル)空前のメダルラッシュ!! 世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル、高木美帆(23)=日体大助手=が1分13秒98で銅メダルを獲得した。スノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢(あゆむ、19)=木下グループ、ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルの渡部暁斗(29)=北野建設=はともに2大会連続の銀メダル。日本勢は1972年札幌、98年長野大会、今大会第4日を超える冬季五輪史上最多の一日4個のメダルを手にした。

 ニッポンの主将がメダルラッシュの大トリを飾った。必死の形相で最終コーナーを進んだ小平は表彰台の頂点に0秒26届かなかった。出し切ったからこそ表情は晴れた。

 「後悔はない。自分のスケートが金メダルではなかった。まだスケーティングが下手なのかな」

 3つ前の組で王国オランダのヨリン・テルモルス(28)が五輪新記録を出したのを見て、出だしのカーブに入る角度などから不利とされるアウトスタートに立った。序盤200メートルで加速を生み出しきれなかった。

 14年ソチ五輪。500メートル5位に1000メートル13位と、表彰台に届かなかった。失意から2カ月後、ソチで36個中23個のメダルを獲得したオランダへと単身留学に向かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ