ショーン・ホワイトが逆転で金メダル 雪上にひざまずき、喜ぶ スノーボードHP

 スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝で、トリノ、バンクーバー五輪金メダリストのショーン・ホワイト(米国)が2大会ぶり3度目の金メダルを獲得した。

 平野歩夢が2回目にマークした95・25点を抜き去る「97・75」という高得点が発表されると、31歳のスーパースターが目元を押さえ、雪上にひざまずいた。2回目が終わって平野に次ぐ2位だったが、3回目に平野と同じ4回転の連続技を成功させて大逆転。第一人者の貫禄を示し、3度目の頂点にたどり着いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ