東京五輪計画見直し 国際水泳連盟事務総長、小池知事と面会 水泳会場の計画通りの整備求める

 国際水泳連盟のコーネル・マルクレスク事務総長が25日、小池百合子知事と都庁で面会した。2020年東京五輪・パラリンピックの水泳会場として江東区に新設予定の「オリンピック・アクアティクスセンター」が都による競技会場整備計画見直しの対象になっているが、マルクレスク事務総長は計画通りの同施設整備を小池氏に求めた。

 マルクレスク事務総長は都のコスト削減の動きに理解を示す一方、「水泳は日本では健康増進のためのスポーツとして大変発展した競技。アクアティクスセンターのニーズが高いのは間違いない」と述べ、東京大会以降も広く使われる会場との認識を示した。

 現行計画では同施設は2万人収容とし、大会後に観客席を減らす減築工事を行うが、小池氏は「五輪後の減築のコスト、ランニングコストを今見極めている」と応じた。

 都の調査チームは9月、コスト圧縮のため都が整備する3会場の整備計画見直しを提案。水泳に関しては会場変更の選択肢として東京辰巳国際水泳場(同区)拡張案を挙げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ