「ウェルビーイング」マネジメントで組織を強くする具体策を公開!

株式会社ハピネスワーキング

 書籍「幸せなチームのリーダーがしていること」発売

 株式会社ハピネスワーキング(東京都港区)の代表取締役・船見敏子が、組織の幸福度(ウェルビーイング)を高めて生産性を上げる手法を紹介した著書「幸せなチームのリーダーがしていること」を、10月11日に方丈社から出版しました。

 報道関係各位

 2021年10月14日

 株式会社ハピネスワーキング

 「ウェルビーイング」が注目を集めています。

 健康経営を実践する企業だけでなく

 生産性を高めたい組織も「ウェルビーイング」に着目しています。

 しかしどのように「ウェルビーイング」を高めればいいのかわからないという声も。

 そこで、メンタルヘルスの現場にいる著者が、その具体策をこの一冊にまとめました。

本書の3つのポイント

 1.世界的に注目される「ウェルビーイング」とは何か、詳しく解説しています。

 2.社員が幸せになると、なぜチームが伸びるのか。ストレスチェックのデータから分析しています。

 3.幸せなチームの5つの法則を紹介。それらを高める具体策を、事例を交えて多数公開しています。

テーマは話題の「ウェルビーイング」

 コロナ禍で働き方が大きく変わり、本当に自分にとって大事なものは何かを真剣に考えた人も多いでしょう。そこで注目されているのが「ウェルビーイング」。心も体も社会的にも満たされた状態を意味し、「幸せ」と訳されているワードです。

 欧米では「ウェルビーイング」向上を国家プロジェクトとして取り組んでいたり、企業経営に取り入れるといった動きが活発化しています。日本でも各界で「ウェルビーイング」が注目を集めており、社員の幸せを向上させることに取り組む企業が数年前から増えてきています。

 SDGsと並び、「ウェルビーイング」は時代のキーワード。知らないと取り残されます。

現場での事例多数紹介

 著者は公認心理師として1000社・10万人のメンタルヘルスケアに携わってきました。日々、悩みを抱える労働者や経営者と現場で向き合っています。だから、机上の空論ではない、現場から発信する言葉で、悩める方々へメッセージを送ることができます。

 本書は、ストレスチェックを通じて「ウェルビーイング」を分析し、現場での事例を多数盛り込んだ、「使える本」であるところが特徴です。

 【目次】

 第1章 幸せだから、チームは伸びる

 第2章 幸せなチーム・第1の法則 仕事の負荷がいいあんばい

 第3章 幸せなチーム・第2の法則 自由度が高い

 第4章 幸せなチーム・第3の法則 仕事の充実感が高い

 第5章 幸せなチーム・第4の法則 認め合う文化がある

 第6章 幸せなチーム第5の法則チームワークが良い

 ・幸せに働くにはどうしたらいいのか?

 ・ストレスチェックをどう活用したらいいのか?

 ・なかなか変わらない人をどうしたら変えることができるのか?

 ・メンタルヘルスの問題を減らすには何をしたらいいのか?

 ・チームワークを高める第一歩は何か?

 ・結局、どうすれば幸せになれるのか?

 といったお悩みに応える内容です。

著者プロフィール

 船見敏子(ふなみ・としこ)

 公認心理師、1級キャリアコンサルティング技能士、産業カウンセラー

 株式会社ハピネスワーキング代表取締役。

 大手出版社で雑誌編集に携わり、1000名超の著名人を取材。

 インタビュースキルを高めるためにカウンセリングを学び始め、2005年にカウンセラーに転向。

 全国の企業で研修、コンサルティング、カウンセリングなどを通じ、メンタルヘルス及び組織活性化支援を行う。

 研修・講演実績も含め、これまでに約1000社・約10万人のメンタルケアに携わった。メンタル不調者を6割減らした実績もある。

書籍概要

 書名:幸せなチームのリーダーがしていること~ストレスチェックのプロが教える、新しいチームづくり

 著者:船見敏子

 価格:1540円(税込)

 出版社:方丈社

 URL:https://hojosha.co.jp/menu/895973

 ●参考プレスリリース

 ・株式会社サイバーセキュリティクラウド

 親会社の“1契約(定額)”のみでグループ企業全てのWebサイトにセキュリティ対策が可能 サービス名を新たに「Webサイト入れ放題プラン」として提供開始!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000009107.html

 ・株式会社 阪急交通社

 訪日外国人4000万人時代のお助けグッズ「誰でもガイド」 言語の異なる「訪日外国人」を同時に、しかも一人で案内できる 『携帯型多言語同時ガイドシステム』発表

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000127.000007099.html

 ・株式会社impactTV

 店頭販促用サイネージ「14RS impactTV」新発売

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000023366.html

 ●PR TIMESでの配信設定時のご確認ポイント

 ・URLを載せる際はhttp://から全て入力しないとリンクとして認識されません。

 ・環境依存文字は使用不可です。

 ・リリースにない画像も、使用可能な物はダウンロード用にご用意いただいて問題ございません。

 ・画像を2枚横に並べる事が難しい場合はリリース上では1枚に繋げたものを使用してください。

 その際、元の分かれた状態の素材もダウンロード用に用意するとメディアの方が使いやすいです。

 ・グラフや表を画像として載せる際に、調査名称や調査母数を含めてください。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ